株式会社ヤマダ

新しい焼却炉の処分方法【DAIM SC工法】

新しい焼却炉の処分方法【DAIM SC工法】

焼却灰等安定化特殊清掃工法とは?(DAIM SC工法)

本工法は、ダイオキシン類無害化技術研究会に於いて行っている有機塩素化合物の分解技術を用い、『焼却灰等安定化特殊清掃工法』を開発したものです。

この基本技術は、脱塩素及び還元反応及びコーティング作用の複合技術によって、常温雰囲気の中でダイオキシン類の削減と重金属の非溶出化を一次元的に処理するものです。

清掃作業は、珪素系混合有機溶液(DAIM-S)を噴霧(湿潤化及び高圧洗浄)することで、現位置でダイオキシン類を大幅に削減処理する事ができ、汚染物質の再生成がなく、ばく露テント、洗浄水及びその浄化設備等を必要としないことから、大幅なコスト削減が図れます。

DAIM SC工法のメリット

メリット1

周辺への環境負荷の削減!

  • 解体前に有害物質の低減化を行う為、周辺環境に優しい
  • 解体工事に伴う特別管理廃棄物が発生しない
  • 焼却炉周辺地表に対しても簡便的に修復・改善が可能
  • 周辺住民の工事(及び高濃度汚染物質の移送)に対する同意が得やすい
メリット2

事業規模の縮小と簡素化

  • 汚染物除去後、レベル1(一般構造物同等)としての焼却解体処理が可能
  • 暴露防止テント、洗浄水処理設備等不要のため軽備化が可能
  • 仮設等の軽備化によって、コストの縮小が可能
  • 清掃と解体の分離施工により、大幅な工期短縮と隔年度実施が可能
メリット3

コストは従来工法に比べ安価

  • 付着状態(現位置)のまま、室温にて有害物質を削減できる
  • 湿潤化作業により、ゲル化(固化)させ発散防止を行う
  • 洗浄水を用いないことから、二次汚染物(汚染洗浄水)の生成がない
  • 洗浄水等による汚染物処理費が不要

競合工法との比較

問題と思われる点 競合工法
DAIM工法
(本工法)
水洗浄工法 薬剤安定化工法 いそう中間処理工法
DXNの削減
(原位置)
▲80~95% 不可 不可 不可
DXNの処理 基本的に不要 移送(別途)処理 場内二次処理 移送(別途)処理
重金属対策 現位置溶出阻止 移送(別途)処理 場内二次処理 移送(別途)処理
二次感染物質の生成 なし 多量の洗浄水 多量の薬剤 (別途洗浄水)
周辺環境の二次汚染 殆ど無し 漏水防止対策要 殆ど無し 現場移送時に問題
施設規模への対応性 全対応可能 付帯設備が多大で小型施設には不向き 付帯設備が多大で小型施設には不向き 小型のみ
汚染物移送・拡散 無し 作業・洗浄水 移送 場内作業・回収時 汚染のまま移送
二次汚染物発生量 無し 洗浄水(炉能力×5倍)一般例 薬剤による増量(約2倍程度) 洗浄水(炉能力×5倍)一般例
概略コスト(指標) 100 200~400 150~250 (70~)200
施工体制・合法性 軽微・GAS対策要 重厚・問題なし 簡易・問題なし 現場対応法による

※他工法を誹謗中傷するものではありません。( )内は測定値です。

新しい焼却炉の処分方法

会社概略

株式会社 ヤマダ

株式会社 ヤマダ
新潟県新潟市東区豊3-3-19
TEL 025-273-3895
FAX 025-273-3799

事業目的

  • 廃油、廃プラスチック、廃アルカリ、廃酸の中間処理
  • 焼却処理 廃油、廃プラスチック 
  • 活性汚泥処理 廃アルカリ、廃酸 
    以上2種類
  • 産業廃棄物処理業許可取得
  • 特別管理産業廃棄物処理業許可取得
  • 一般建設業 新潟県知事許可
    許可(般-23)第42468号
  • 毒物劇物一般販売業
メールフォーム 地図

関連会社

有限会社クリーンニイガタ

有限会社クリーンニイガタ
新潟県新潟市東区豊1-8-10
TEL 025-270-2314
FAX 025-270-2315

営業地域

新潟、青森、秋田、岩手、山形、宮城、茨城、福島、栃木、群馬、埼玉、長野、富山、石川、福井

トップへ戻る